インフルエンザ

インフルエンザが流行りはじめました。
皆さん、インフルエンザの流行をどのように調べているかご存知でしょうか。各都道府県には定点と呼ばれる医療機関があり、来院したインフルエンザ患者数を集計しています。地域ごとに定点施設あたりのインフルエンザ患者数を平均し、1週間あたり1.0を越えると流行が始まったと判断されます。また、10から流行発生注意報、30で流行発生警報が発信されます(警報・注意報発生システム)。

大分県でも2016年1月の第1週目から流行期に入りました。咳、鼻水、喉の痛みや熱がある際にはインフルエンザの可能性があります。ご注意ください。

関連記事

  1. With コロナ時代の考察

  2. 2016-2017年シーズンのインフルエンザ

  3. 抗PD-1抗体

  4. 腸内細菌

  5. 不眠症と認知症

  6. 気管支喘息