2016-2017年シーズンのインフルエンザ

2017年1月11日、大分県で1定点施設あたりのインフルエンザ患者数が10を超え、インフルエンザ注意報が出ました。
特に人ごみに出た後は、手洗いを忘れないようご注意ください。咳や鼻水がある時は、マスクを着用しましょう(咳エチケット)。
鼻水、咳、熱や頭痛など、インフルエンザが疑われ症状がある時は病院を受診しましょう。

関連記事

  1. インフルエンザの予防

  2. 気管支喘息の検査と治療

  3. インフルエンザ

  4. 不眠症と認知症

  5. With コロナ時代の考察

  6. 抗PD-1抗体